昭和47年3月24日(金曜日) 第6750号

目次

    • 連絡運輸取扱基準規程の一部改正(旅達第259号 1ページ)
  • 通達
    • 昭和47年度の用品割掛率について(2ページ)
  • 通報
    • 窓ガラス等の清掃請負契約の公開競争入札について(2ページ)
    • たんつぼの清掃請負契約の公開競争入札について(2ページ)
    • 鉄道法規類抄追録の配付について(2ページ)
    • 橋はかりの使用停止について(2ページ)
    • 専用線一覧表の一部改正について(2ページ)
  • 規格
    • 規格の登録について(4ページ)
  • 雑件
    • 事務系大学卒業者採用試験の実施について(4ページ)
    • 技術系大学卒業者採用試験の実施について(6ページ)
    • 実用新案権の取得について(7ページ)
    • 特許権の取得について(8ページ)

通報

  • 橋はかりの使用停止について(貨物局)
    函館本線五稜郭駅設置の橋はかりは、昭和47年3月15日から当分の間、使用を停止した。

  • 専用線一覧表の一部改正について(貨物局)
    専用線一覧表(昭和45年11月27日公報通報)の一部を次のように改正する。
     A欄47の行中C欄を「浦幌町農協」に改め、同行中I欄「使用休止」を、A欄48の行を削り、A欄57の行中C欄を「㈱ヒシサン」に改め、A欄79の行の次に次のように加える。※1
     A欄118の行を削り、A欄148の行中G欄「G〃1.0」を「G〃0.6」に、同行中H欄を「11.7」に、A欄253の行中F欄を「国鉄動車」に、A欄270の行中C欄を「佐藤林業㈱」に改め、A欄313の行中E欄「日本通運㈱」の次に「札幌通運㈱」を、A欄330の行中I欄「共有線」の次に「当分の間使用休止」を加え、同行の次に次のように加える。※2
     A欄352、386、406及び407の各行中I欄に「当分の間使用休止」を、A欄416の行中E欄「セントラル石油瓦斯㈱」の次に「㈱オイルターミナル」を、A欄448及び474の各行中I欄に「当分の間使用休止」を加え、A欄486の行中H欄を「5.0」に改め、A欄543の行を削り、A欄582の行中F欄を「手押」に改め、A欄611の行中E欄「日本通運㈱」を削る。
     A欄622の行中D欄「宮古金属㈱」の次に「安宅産業㈱」を加え、A欄624の行の次の「小本線」を「岩泉線」に改め、A欄679の行中F欄「手押」を削り、同行中I欄に「日本通運㈱は米の発着に限る。」を加え、A欄707及び708の各行を削り、A欄749の行中G欄を「0.1」に、A欄762の行中F欄「私有機」を「国鉄機」に、同行中G欄を「0.1」に改め、A欄772の行中G欄「(機)0.4」を削り、同行中H欄を「7.6」に、A欄778の行中H欄を「12.6」に改め、A欄840の行中F欄「国鉄機」の次に「移動機」を加え、A欄850の行中B欄を「石巻港」に、同行中F欄を「※3」に、同行中G欄及びH欄を「※4」に改め、A欄858の行中D欄「三菱石油㈱」を、同行中E欄「の本石油輸送㈱」を、A欄871の行中D欄を削り、同行中F欄「手押」の次に「私有機」を加え、A欄878の行中E欄を削り、同行中F欄を「私有機」に改め、A欄900の行中D欄を削る。
     A欄1040の行中I欄に「一部使用休止」を加え、A欄1041の行中G欄を「※5」に改め、A欄1048の行中I欄「運転管理」の次に「一部使用休止」を、A欄1050の行中C欄に「関東分岐器㈱」を加え、A欄1083の行の次の「長野原線」を「吾妻線」に、A欄1318の行中G欄を「0.3」に、A欄1339の行中C欄を「ダイヤ物産㈱」に、A欄1355の行中E欄「天沼運輸㈱」を「天沼京浜運輸㈱」に、A欄1361の行中C欄を「※6」に、同行中I欄を「1地区共用線から分岐」に改め、A欄1370の行の次に次のように加える。※7
     A欄1372の行中D欄を「※8」に、A欄1395の行中C欄を「※9」に、A欄1432の行中E欄を「※10」に改め、A欄1466の行を削り、A欄1600の行の次に次のように加える。※11
     A欄1647の行を削り、A欄1650-2の行中H欄を「0.7」に改め、A欄1654及び1737の各行を削り、A欄1738の行中B欄を「西小坂井」に改め、A欄1820の行の次に次のように加える。※12
     A欄1841及び1843の各行中F欄を「日通愛知運送機」に改め、A欄1864の行中E欄「四日市倉庫㈱」の次に「内外輸送㈱」を加え、A欄1882の行中D欄を「東洋化成工業㈱」に、A欄1897の行中B欄を「芦原温泉」に改め、A欄1916の行中I欄に「使用休止」を加え、A欄1967及びA欄2303の各行を、同行の前の「篠山線」を削り、A欄2391の行の次に次のように加える。※13
     A欄2393の行中D欄「カバヤ販売㈱」を削り、A欄2396の行中H欄を「0.4」に、A欄2408の行中I欄を「一部国鉄側線」に改め、A欄2418の行中F欄「手押」の次に「移動機」を加え、同行中G欄を「0.2」に改め、A欄2436の行を削り、A欄2447の行中E欄に「中讃通運㈱」を加え、A欄2459の行中C欄を「※14」に改める。
     A欄2484の行中D欄を「※15」に、A欄2528の行中F欄を「日通移動機」に、同行中H欄を「0.3」に、A欄2532の行中H欄を「1.6」に改め、A欄2555の行を削り、A欄2556の行中D欄を「※16」に、A欄2563の行中C欄を「※17」に改め、A欄2573の行を削り、A欄2577-2の行中I欄に「みかんの発送に限る。」を加え、A欄2609の行中C欄を「※18」に、同行中I欄を「※19」に改め、A欄2634の行中E欄「山九運輸機工㈱」を削る。
     A欄2764の行中I欄「専用鉄道」の前に「使用休止」を加え、A欄2765及び2775の各行を削り、A欄2870の行中E欄を「※20」に、A欄2918の行中B欄を「東都城」に改める。
     A欄3026-2の行の次に次のように加える。※21
     A欄3040の行の次に次のように加える。※22
     A欄3126の行中D欄を「※23」に、A欄3142の行を次のように改める。※24
     A欄3143及び3143-2の各行を削り、A欄3172の行中C欄を「くみあい食糧㈱」に改め、A欄3181の行中D欄「日本オイルターミナル㈱」の次に「キグナス石油㈱」を、A欄3198の行中D欄「大昭和紙商事㈱」の次に「サイトウ紙器㈱」を加え、A欄3306の行中C欄を「シェル石油㈱」に、A欄3307の行中C欄を「大阪特殊合金㈱勝山工場」に改める。

※1
79-2 日本通運
白老チップ㈱
  国鉄機
私有機
0.1 0.2    

※2
330-2 茶志内 日本石油
    国 鉄 機
手   押
私有移動機
0.3
(電機)0.1
0.4    

※3
国鉄機
私有機

※4
A線0.2
B〃0.6
1.2

※5
専用1番線 0.2
専用2番線 0.2

※6
日本農産工業㈱
  横浜エビス工場

※7
1370
-2
大黒倉庫
㈱K倉
    国鉄機 0.1 0.1 日新製鋼㈱神
崎工場発のヤネ
積車(福知山線
塚口駅)及び日
本ステンレス
㈱専用線発
(信越線黒井駅)
のものを除き、
車票取卸欄に大
黒倉庫(K倉庫)
と記入のこと。
   

※8
菱光倉庫㈱
日本農産工業㈱鶴見工場

※9
関東財務局
 横浜財務部

※10
日本通運㈱
丸善昭和運輸㈱

※11
1600-2 岩渕製紙㈱     国鉄機 0.1 0.1    
1600-3 富士川製紙㈱     国鉄機 0.1 0.1    

※12
1820-2 日本セメ
ント㈱
    小野田セメ
ント機
0.1 0.2    

※13
2391 万富 麒麟麦酒
  日本通運
日通機 0.4 3.0    

※14
日本専売公社
  池田工場

※15
内外輸送㈱
日本アルコール販売㈱

※16
宇部電気化学㈱
大明炭鉱㈱

※17
協和ケミカルズ㈱
協和醗酵工業㈱

※18
第一産業㈱
坪井商店

※19
国鉄側線
共用

※20
日本通運㈱
九州産業交通㈱

※21
3026-3 清水製鋼㈱   社機 1.5    

※22
3040
-2
仙台臨海鉄道
仙台北港
東北石油㈱
 仙台製油所
三菱石油㈱
仙台支店
仙台臨海通運

日本石油輸送
㈱仙台支店
社機 2.2  

※23
住建コンクリート工業㈱
住 友 建 設㈱

※24
3142 新鹿沼 ㈱大塩組 東武砂利
協同組合
社機 0.3    

  • 最終更新:2019-01-07 20:58:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード