昭和41年9月17日(土曜日) 第5105号

目次

  • 官報掲載事項
    • 計量法の規定による通商産業大臣の権限を都道府県知事に委任する政令の一部を改正する政令(政令第310号 1ページ)
  • 公示
    • 周遊旅客運賃割引規程の一部改正(日本国有鉄道公示第565号 1ページ)
    • 国分本線敷根町・上ノ段校前間における一般乗合旅客自動車運送事業の廃止及び同線敷根町-鎮守尾-上ノ段校前間における一般乗合旅客自動車運送事業の開始(日本国有鉄道公示第566号 2ページ)
    • 連絡運輸取扱細則の一部改正(総裁達第394号 2ページ)
    • 社団法人日本観光旅館連盟常務理事会の出席者に対する割引普通乗車券の発売(総裁達第395号 2ページ)
    • 養成機関教育基準規程の一部改正(職達第11号 3ページ)
  • 通報
    • 寝台使用時間外の寝台車に乗車する旅客に対して特別急行料金及び座席指定料金を収受する列車、区間等について(4ページ)
    • 貨物積卸機設備駅の一部改正について(6ページ)
    • 専用線一覧表の一部改正について(6ページ)
    • 鹿児島本線門司港起点359K271M・串木野間増設線路の使用開始について(7ページ)
    • 自動車線普通旅客運賃表の一部改正について(7ページ)
    • 国鉄自動車国部本線敷根町・上ノ段校前間の略図について(8ページ)
    • 用品公開競争入札公告について(8ページ)

通報

  • 専用線一覧表の一部改正について(貨物営業局)
    専用線一覧表(昭和39年8月5日公報通報)の一部を次のように改正する。
     近文(7ページ)の項中王子製紙株式会社の行を削る。
     永山(11ページ)の項羽幌プロパン石油株式会社の行中「0.1」を「※1」に改め、同項末尾に次のように加える。※2
     五稜郭(41ページ)の項中※3の行を削る。
     尻内(45ページ)の項中「株式会社月金商店」を「月金株式会社」に改める。
     久慈(50ページ)の項中「※4」を「※5」に改める。
     上ノ山(52ページ)の項中堀川寅三の行中「※6」を「※7」に改める。
     生保内(57ページ)の項田口木材株式会社の行中「※6」を「※8」に改める。
     焼島(75ページ)の項新潟硫酸株式会社の行中「北越興業有限会社」を削る。
     桶川(82ページ)の項中内藤洋の行を削り、三井精機工業株式会社の行中「〃」を「桶川」に改める。
     鶴田(87ページ)の項中「試運転線1.2」を削る。
     日立(91ページ)の項中「東酸商事株式会社」を「東鉱商事株式会社」に改める。
     磯原(92ページ)の項中「杉本炭鉱株式会社」を「荒木繁」に改め、「杉本商事株式会社」を削る。
     湯本(94ページ)及び内郷(94、95ページ)の項中「鹿島参宮鉄道株式会社」を削る。
     内郷(95ページ)の項中「常総筑波鉄道株式会社」を削り、「東部商事株式会社」を「常磐商事株式会社」に改め、「※9」を「※10」に改める。
     結城(98ページ)の項中「アジア石油株式会社」を「共同石油株式会社」に改める。
     越中島(101ページ)の項豊洲鉄道運輪株式会社の行中第三者使用欄に「東京陸運産業株式会社」を加える。
     蘇我(102ページ)の項中千葉製粉株式会社の行及び「千葉製粉線に接続」を削り、日本セメント株式会社の行中「〃」を「蘇我」に改め、川崎製鉄株式会社の行中第三者使用欄に「※11」を加える。
     山下埠頭(109ページ)の項※12の行中第三者使用欄に「日本通運株式会社」を加える。
     浜安善(114ページ)の項の末尾に次のように加える。※13
     富士見(126ページ)の項中「0.2」を「0.1」に改める。
     須原(126ページ)の項の末尾に次のように加える。※14
     村井(127ページ)の項中「アジア石油株式会社」を「共同石油株式会社」に改め、「大協石油株式会社」を削り、同項の末尾に次のように加える。※15
     南松本(128ページ)の項住友セメントの行中第三者使用欄に「日本通運株式会杜」を加え、「0.4」を「0.3」に改め、電気化学工業株式会社の行中「0.4」を「0.3」に改める。
     沼津(131ページ)の項株式会社稲葉商店の行中「手押」を「※6」に改める。
     用宗(134ページ)の項安倍川開発株式会社の行中記事欄に「使用休止」を加える。
     島田(135ページ)の項中東急砂利株式会社の行を次のように改める。※16
     甲斐大島(138ページ)の項中「清和興業株式会社」を「※17」に改め、第三者使用欄中「住友金属鉱山株式会社」を削る。
     三保(140ページ)の項中「日東フロロケミカル株式会社」を「三井フロロケミカル株式会社」に改める。
     温田(141ページ)の項中「本州製紙株式会社」を「泰阜村」に改め、泰阜村森林組合の行を削る。
     木ノ本(154ページ)の項中「日窒鉱業株式会社」を「ヤンマーディーゼル株式会社」に改め、「日本通運株式会社」を削る。
     東富士(158ページ)の項中「0.3」を「0.4」に改める。
     徳山(199ページ)の項武田薬品工業株式会社の行中第三者使用欄に「徳山通運株式会社」を加える。
     周防富田(200ページ)の項の末尾に次のように加える。※18
     小郡(200ページ)の項中第三者使用欄に「防府通運株式会社」を加える。
     長崎(218ページ)の項中モービル石油株式会社浦上油槽所の行を次のように改める。※19
     大島(219ページ)の項中第三者使用欄に「※20」を加える。
     石原町(224ページ)の項中「黒崎窯業株式会社」及び「小森線3.0」を削る。
     海崎(233ページ)の項中「東洋製袋工業株式会社」を削る。
     日向八戸及び日ノ影(234ページ)の各項を削る。
     栗野(239ページ)の項を次のように改める。※21
     福居(248ページ)の項を削る。
     白菊町(258ページ)の項中日本電気冶金株式会社の行を削る。
     野々市(258ページ)の項中大北工業株式会社の行を削る。
     加賀一ノ宮(258ページ)の項を削る。

※1
A線0.2
B〃0.1
C〃0.1

※2
寿製紙株式会社   旭川通運機
手   押
A線0.2
B〃0.1
 
永山農業協同組合
東鷹栖村
東光産業株式会社
  旭川通運機
手   押
0.2  

※3
佐藤木材工業株式会社
日本通運株式会社
函館運送株式会社

※4
A線0.4
B〃0.7

※5
A線0.3
B〃0.7

※6
国鉄機
手 押

※7
国鉄機
国鉄動車
手  押

※8
国鉄機
日通機
手 押

※9
高坂線1.2
町田線2.1
内郷線2.9
金坂線0.1

※10
高坂線1.1
内郷線2.9
金坂線1.2

※11
千葉製粉株式会社
水野運輸株式会社
千葉飼料株式会社

※12
横浜市
川西倉庫株式会社

※13
エッソ・スタンダード
株式会社
  国鉄機
車両移動機
手   押
0.2  

※14
関西電力株
式会社
日本通運株
式会社
日通機
手 押
0.1  

※15
大協石油株式会社   国鉄動車 0.1  

※16
東海パルプ株式
会社
  大河原
運送機
0.6 南2号線

※17
清和興業株式会社
住友金属鉱山株式会社

※18
徳山積水工業株
式会社
  私有機 2.3 東洋曹達
線に接続

※19
長崎運送株式会
  国鉄機
手 押
0.1 中ノ島線

※20
岩谷産業株式会社
日通商事株式会社

※21
栗野 栗野町農業協
同組合
  国鉄機
手 押
0.1 国鉄側線

  • 鹿児島本線門司港起点359K271M・串木野間増設線路の使用開始について(運転局)
    鹿児島本線門司港起点359K271M・串木野間は、昭和41年9月16日から複線として使用を開始した。

  • 最終更新:2019-09-18 00:28:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード